昨今では宇宙ステーションに、日本のモジュール(きぼう)があることが当たり前のような感じになっております。

しかし、きぼうの開発にはNASAからの有人宇宙船用の要求が多くあり、開発には多くの時間を費やしました。

今ではきぼうと呼ばれておりますが、開発時の略称は「JEM」(Japanese Experience Module)です。

これも大きくわけて四つのユニットで、構成されます。

また環境条件も厳しく、数々の設計変更を経て、やっと完成しました。

今日は時間の都合で始まりの始まりで、終えますが次回より、自分が知っているきぼうの開発の話や今動いている宇宙開発関係の話を上げていきます。