宇宙って、果てしなく素敵。

過去にきぼうのSEをしていました。 昔から宇宙が大好きで、ここでは日々移り変わる宇宙開発の情報を書いていこうと思います。 文字ばかりになるかも知れませんが、宜しくお願いします。

2018年03月

CNNの報道によると、中国版宇宙ステーションである「天宮一号」が昨年12月より制御不能となり、今月中にも大気圏突入となる可能性があると報じました。


中国は12月に国連へ報告しており、米国の試算では落下したとしても人に当たる確率はほぼ皆無だそうです。


まだ中国では宇宙ステーションを作る技術が追いついていなかったということで、日本も予算が限られていますが、ここはドンと予算請求して(時期が違いますが)、日本の宇宙ステーションを…その前に有人ロケットの設計開発を始めて欲しいものです。


H-IIIが終わったら、有人分野に足を踏み入れないかな?


HTVでデータは取れているはずなので、早く国産の有人機が見てみたい!

2010年6月に「初代はやぶさ」が帰還して、もうすぐ8年が経とうとしています。


今、小惑星「リュウグウ」への旅路に着いている「はやぶさ2」から、「リュウグウ」の撮影に成功したとニュースが流れました。


「はやぶさ2」は2014年12月13日に打ち上げられてから、早くも丸3年が経ちます。


これまでの間に地球スイングバイ(地球の重力を利用して加速)を行い、火星を撮影したりといろいろな試みが成功してきました。


やっと全国ネットに流れるニュース扱いされる、情報が上がってきました。


「初代はやぶさ」を思い出して、今まさに目的地に向かっている「はやぶさ2」に思いを馳せ、宇宙の広大さを実感すると楽しいのですが…


撮影したとはいえ、まだまだリュウグウまでの距離が122万キロ…とは考えずにあと122万キロと考えた方が、気持ちも高まるかと思います。

「はやぶさ2」のリアルタイムでの情報がJAXAのサイトにありますので、良かったら見て下さい。


http://www.hayabusa2.jaxa.jp

↑このページのトップヘ