太陽系第二惑星の金星を、探査していたESAの探査機から意外なデータが送られてきたことは、livedoorのニュースから読まれた方も多いと思います。

極付近の気温が-157℃(だったかな?)という、地球上でも観測されない、極低音だったなんて、本当に意外なんです。

今までの観測機が測定したデータだと、平均気温は464℃でした。

大気の主成分が二酸化炭素であることから、温室効果(太陽から入る熱を宇宙空間に放出せずに大気内に蓄える)が原因で、地表近くは地球のそれと比べて異常なほどの高温になっていると、考えられていました。

この仮説が覆されるかも知れません。

極付近がマイナスの温度になるという事は、どういうメカニズムが金星にあるのか、地球と同じく金星でも熱が対流しているのでしょうが、-157℃などという値になることに疑問を感じます。

極付近の大気が地球のように、対流せずにそこに留まるのだとしたら、それはありえる話になるのかも知れませんが、それにしても低すぎます。

極付近だけ大気が薄くて、宇宙空間に熱を放出しているとしたら、納得の出来る値になります。

金星の大気はスーパーローテーションと呼ばれるくらい、非常に風速が早く自転の4倍の100m/sとなっていることは、他の探査機のデータから分かっています。

自分の仮説ですが、大気の高速回転から発生する遠心力により、極付近の大気が薄い状態になるのかな?と考えています。

まだまだデータを解析中とのことですので、今後を見守りたいと思います。

まだまだ宇宙は謎だらけです。