H-IIの先端に、小さいスペースシャトルを取り付けて、打ち上げを行う計画がありました。

その名はHOPEです。

シャトルと比べると小さいものでしたが、日本も宇宙往還機作る予定でした。

概念設計までは行ったと思うのですが、富士重工のモデルが採用された記憶があるだけで、その後は本場のシャトルのべらぼうなコストをNASDAも考えて、白紙撤回したのだと思います。

それで正解だったのでしょうが、日本版スペースシャトルは見たかったです。

当時はまだまだ日本には、大気圏再突入試験も行われておらず話だけが先行していたように思います。

記憶に新しいはやぶさの再突入試験も、空飛ぶ中華鍋(開発名はOREXだったかな?)でデータを取ったのが最初です。

これが、成功したことではやぶさプロジェクトもどんどん進み、打ち上げ、消息不明、エンジントラブル、何回もの困難を乗り越えて無事に地球に戻ってきました。

今はこうのとり(HTV)が、地上まで荷物を運搬するHTV-Rが開発中です。

これが出来てしまえば、日本もとうとう往還機を作る基盤技術を持つことになり、一気に宇宙開発に拍車が、かかると思います。