今現在、国際宇宙ステーションへの人員輸送手段の唯一のロケットとなっている、ソユーズロケット。

歴史は長く、その時間の経過とともに設計変更をされており、信頼性は向上していると思われます。

いよいよ明日(だったと思います)、日本人宇宙飛行士が、ソユーズにのり国際宇宙ステーションへと旅立ちます。

ソユーズって、実にユニークな設計をしております、完成品を車上までロケットを寝かせた状態で運んで、発射台で垂直に立てるのです。

普通は組立塔で、垂直に組み立ててそのまま横移動で射点まで運ぶスタイルをとりますが、そこだけが、独特です。

それから、第一弾ロケットは爆破して、切り離す設計にはなっていないそうです。

機械的に外すのか?

少し調べる必要ありです。

シャトルが退役してからは、ソユーズに人の運搬は任せっきりなのが、とても悔しいですがいつか日本も有人開発をしてほしいと思います。

歴史あるロケット、ソユーズ何だんかんだ言って好きです。