昨夜のことです。

ツイッターを見ていたら、オルドリン元宇宙飛行士が47周年と記述していて、思い出しました。

16日に打ち上げ、20日に月に着陸。

47年前に人類が月まで行った事実に驚かされます。

冷戦時代に宇宙開発を米国とソ連(ロシア)で競り合っていた、そんな中で米国が一番乗り。

その年に自分は生まれました。

90年代には2000年代の初頭には月面基地も出来ているだろうと、そんな予測がされていましたが残念ながら実現していません。

今は国際宇宙ステーションの運用で手一杯という感じでしょうか?

日本の宇宙開発は、ロケットは純国産品を作れる技術を取得し、こうのとりという宇宙機の開発にも成功しました!

次は有人宇宙機をと思うのですが、そこまで辿り着くにはまだまだ何年もかかりそうです。

47年前に月まで人間を運んだというのに、人類の宇宙進出への道もまだまだ時間が必要だなぁと思っています。

あの頃は競争していたから、予算も潤沢にあったのでしょうから、比べるべきこと柄では内ですね(^_^;)